バイトで身に付けたことが就職後に活かせた体験

バイトで身につけたことが就職後に活かせた体験というと、年齢が上の方との付き合い方です。

バイトで身に付けたことが就職後に活かせた体験

バイトで身につけたことが就職後に活かせた体験というと・・・

バイトで身につけたことが就職後に活かせた体験というと、年齢が上の方との付き合い方です。

大学生の時にアルバイトで定食屋さんの仕事をしていたことがあるのですが、そこは学生も多いけれど常連のおじさんも多いお店でした。
そこでは色々な職業の方と色々お話をすることが多くて、知らない間に自分より年齢が上の方たちとの会話のコツを学んでいたようです。

そのお陰で、就職後に上司や他の先輩たちとの会話が全然苦にならず、他の同僚よりも可愛がってもらえました。
それを自分では気付かなかったのですが、同期の子に「なんでそんなにおじさんたちと会話が弾むの?」と聞かれて、初めて同世代の人たちが自分たちより年齢層が上の人たちとの会話に苦労していたことを知りました。

確かに、アルバイトを始めた最初の時には、普段接することのない人たちとの会話が大変だなと思ったことがあったことを思い出しました。
同僚も社会人になって、周りが年齢が上の人たちばかりで大変な思いをしていると気付きました。

何が後で役に立つか分からない、と感慨深かったです。

バイトで身につけたことが就職後に活かせた体験というと・・・ (男性 38歳)

バイトで身につけたことが就職後に活かせた体験というと、私の場合は家庭教師のアルバイトでの経験だったと思います。具体的には、人に説明をするのが上手になったので、プレゼンや他社の人との会話の時にスムースにコミュニケーションが取れました。

自分が家庭教師のアルバイトをしていた理由は、ただ単に時給が良かったからです。
学業に部活に忙しかったので、短時間でしっかり稼げる家庭教師のアルバイトは、非常に魅力的なアルバイトでした。

一時期は1週間で3人くらいの生徒を見ていて、色々な学年や性別・性格の子供たちと付き合ってきました。
それにプラスして、その保護者の方とも話し合うことなども多くて、そういった経験が就職後、他の人との会話や仕事で役に立ったと思います。
年齢よりも落ち着いているし、話の内容が分かりやすい、論点がはっきりしていると、就職後に先輩や上司などからもよく言われました。
学生の時にやっていたアルバイトで経験して身に付いたことが、役に立って良かったと思います。

Copyright (C)2014バイトで身に付けたことが就職後に活かせた体験.All rights reserved.